こっそり教えます ver.1

家を建てる建設会社を選ぶ時の注意点。こっそり教えます。

「新しい家が欲しい」

そう思った時にまず困るのは、どこに相談したらいいの?ということではないでしょうか。

多くの人が、家づくりの出発点で思い悩みます。

大半の人たちにとって、家づくりは一生に一度の大きな買い物。 とはいえ、建設会社や工務店に知り合いもいない方が大半でしょう。

まだ家を建てるかどうかもはっきり決まっていないので、安易に展示場に行くのも億劫だし、かといって、住宅業界に詳しくて、尚且つ、気軽に相談できる人もいない。

そんな人が意外に多いのかもしれないと思い、この業界で実務をやっていた者の意見が少しでも参考になればと、以下、書かせていただきます。

家の購入と車の購入って同じこと?

家造りをする会社は、個人大工、工務店、ハウスビルダー、ハウスメーカー等々沢山あります。 実際のところ、ある一定レベル以上の家を建築できる「建設業の許可」を受けて建設業を営む会社の数は、全国約46.5万業者もあります。

平成28年度では、年間97万4千戸の家が建てられていますが、建築する業者が46万社もあることは驚きです。 日本で一番沢山の家を建てている積水ハウスは1社で1年間に約2.5万件もの家を建てていますし、パワービルダーと呼ばれる分譲業者なども年間何千棟も建てています。

多ければ良いと言うものでもありませんが、逆に新築を全く建てていない業者も相当数あるということです。

そんな沢山ある建設会社の中から1社に絞るのは、なかなか難しいことです。

例えば車を買う時、どのメーカーを選ぼうかと思った時には、選択肢に上がってくるトヨタ、日産、ホンダ、マツダ、ベンツ、BMWなどは、どの会社の名前も一度は聞いたことがあるので安心感もあるでしょう。 また、自動車のメーカーの数自体も少ないので、選ぶのもさほど大変ではありません。(大変な方もいらっしゃるかもしれませんが)

また、自動車メーカーを選ぶ判断基準のひとつとして、性能などを客観的に判断できる数値が公表されています。 また、数値以外についても、デザイン、機能、価格などもわかりやすく、ユーザーが選びやすい体制が作られています。

もしその気になれば、お試しで運転させてもらえますし、もし気に入れば、試乗した車と同じ物がそのまま購入できます。 自動車は工場で作るので、同じ名称・品番ならば、どこでも同じ物が買えるのです。

しかし家の場合、特に注文住宅の場合は、購入する物を事前に見ることが出来ません。 一棟一棟、専用の設計図を書いて造るオーダーメイドなので、完成するまで現物を見ることが出来ないのです。

また、家の性能はなかなか事前にはわかりませんし(紙面上のデータでは表されても、実際に体感できないという意味です。)、同等レベルの住宅に試しに泊まってみることでさえ、モデルハウスの「宿泊体験」などのような特別な場合を除くと、ほとんど不可能です。

実際に家が完成してみたら、思っていたのと違うというのはままあること。 形の無いものを購入するからこそ、そういったリスクも発生するのです。