プランニングの間、ずっとさまよう「トイレ」の話

一般的に「手洗い場・トイレ・お風呂・キッチンはまとめたほうが効率良い」と言われます。

確かに水回りは配管が必要になるため、なるべくまとめたほうが費用は抑えられます。


しかし、実際にお打ち合わせをしていくと「トイレ」だけ独立してさまよい始めます。

理由は、トイレの位置は来客時の動線にも関わってくるからです。


トイレ以外の水回り空間は、とてもプライベートな場所です。ですので「お客さまがトイレに行くまでにプライベート空間を見られるのはちょっとなぁ」ということで、トイレが玄関近くに移動します。

しかし「よく考えると、たまにしか来ないお客さまのために、家族みんなが遠いトイレを強いられるのもおかしい」ということで、トイレはまたプライベート空間近くに移動します。

このように、最終プランまでトイレがさまよい続けるケースは少なくありません。


さまようトイレに対し、解決策は1つではありません。

私たちが実際にご提案したケースをご紹介いたします。


プライベートな空間と、来客時に利用するスペースとの間に収納で囲まれた空間を作り、そこにトイレを収めたケースです。ちょうど間にあたるところに、バッファとなるゾーンを設けることで解決をしました。

「水回りは絶対に1セットで考える」とか「来客のためにトイレは玄関近くに」など、どちらにも寄らないいいとこ取りの第三の案です。


トイレはプライベートと来客の他にも、家相などを気にされるかたもいらっしゃるため、本当に配置が難しいスペースだと思います。そのため、一家族一家族ごとにご提案する内容も変わってまいります。私たちはお客さまのこだわりに寄り添って考えてまいりますので、まずご相談にご来店ください。




Copyright© 2018  イノスグループ 山形支部 『後悔させない!こだわりの家づくり』

山形 | イノスの家 注文住宅| 山形の注文住宅のプロが教える!失敗しない・後悔しない家づくりのポイント教えます| イノス本部ホームページへ

​イノスの家 カタログ請求はこちら

​※イノスグループ(全国)のホームページに移動します