将来は地元に帰りたい!リモートで家を考える時に地元の工務店に相談すべき3つのワケ

今は首都圏に住んでいるけど、定年後に地元に家を建てて住みたい!

地元に実家の土地や建物があるので、それをリフォームや新築をしてゆっくり暮らしたい。


そんなかた必見のお話です。


ポイント1:その土地の「癖」を良く知った上で提案してくれる

例えば、山形県山形市の場合。 市街地よりも雪がだいぶ多い地区や、水害の歴史があった地区、元々が田んぼだった地区など、同じ山形市の中でもその地区によって特徴や気をつけるべきポイントがあります。


地元工務店はその地域を中心に家を建てているため、上記のような家を建てるにあたっての「注意点」をきちんと補った提案をしてくれます。

なので、ご相談者があまり住んだことがない地域でも、失敗や後悔の少ない家を建てることができます。


ポイント2:その土地の「生活」について詳しく教えてくれる

外から想像するその土地での暮らしと、実際の暮らしにがちょっと違う、ということもあります。

例えば、筆者の場合は20年ぶりに山形にUターンしたところ、新しい道がたくさんできていたり、お店ができていたり。

よく知っている地元だから、と考えていたよりも、記憶にあった生活パターンとはだいぶ変わっている部分もたくさん。


そんな時に、地元に長く暮らすスタッフのいることの多い地元工務店は、実際に住む前からいろんな情報を持っているので、頼りになる存在です。


ポイント3:引っ越した後も頼りになる!

実際に引っ越した後、家について何か相談したい時に気軽に相談できる存在があることは、とても安心感があります。

いろいろ想像して、対策を行ったとしても、もしかしたら「もっとこうだったらいいかも」ということができるかもしれません。そんな時に探さなくても信頼できるパートナーとして寄り添えるのが地元工務店です。

 

でも、どこの工務店を選んだらいいのかわからない。 そんなかたは、まず、全国にあるイノスグループの工務店にお問い合わせしてみてはいかがでしょうか?


イノスグループは、地元工務店と住友林業が手を組んで、地元工務店の強み&ハウスメーカー品質の注文住宅をお客さまにお届けしています。


このサイトは山形支部が運営していますが、資料請求は全国対応しています。 こちらからまずはお気軽にどうぞ!


 

山形支部の各社を知りたい。そんなかたは、こちらをご覧ください。





文責:イノス山形支部WEB運営事務局