平屋は階高の高さがポイント!雄大な出羽の山々と一体化する和モダン平屋の家

平屋の家をオシャレな印象にするポイントの一つに建物の高さ(階高・かいだか)があります。



2019年度イノスデザイン賞を受賞したこの「景佇の家」の外観へのこだわりの一つが「階高の高さ」です。


お客さまのご要望は「道から見た時に周りから素敵だなと思われるような。でも、敷居の高い感じではない家。」ということでした。


雄大な山々が背景に映る建設予定地。

平屋は屋根に対し階高が低いと荘厳で重厚なイメージになり、階高が高くなるとモダンで軽快なイメージになります。敷居の高い雰囲気にしたくない、というお客さまのご要望に応えると屋根に対し階高は高めになります。しかしただ階高高くしただけでは雄大な周りの山々に対し調和が取れず浮いてしまいます。




丸櫻建成では外観を考える際、何度も何度もCGでシミュレーションをし、お客さまの実現したい風景を一番叶えられる高さを探しながらプランを考えます。

様々なシミュレーションのその結果、周りの山々に馴染み溶け込みつつも存在感のある家を実現することができました。





この家のその他の写真はこちら


Copyright© 2018  イノスグループ 山形支部 『後悔させない!こだわりの家づくり』

山形 | イノスの家 注文住宅| 山形の注文住宅のプロが教える!失敗しない・後悔しない家づくりのポイント教えます| イノス本部ホームページへ

​イノスの家 カタログ請求はこちら

​※イノスグループ(全国)のホームページに移動します