雪での劣化にも強い!木目調の素材で都会的カッコよさの家を実現

最近、廣居建設のお客さまからカッコいい!と好評な外観の色の組み合わせがあります。

その建築事例がこちらのお客様の家です。

山形県 米沢市 廣居建設 注文住宅 新築 豪雪地帯 外壁 木目

シャープな印象の黒に、温かみを感じさせる木の素材。

この二つでツートンの配色にすることで、米沢ではあまりみない、都会的な高級感を感じるかっこいい家になりました。


木の素材って「メンテナンスしないとすぐ劣化してしまいそう」という印象がありますよね?

実はこの家の木目の部分は・・・実は本物の木ではありません。

窯業系サイディングという、人工の素材です。


天然の木は、直射日光や雨風で風化し痛んできます。

特に豪雪地帯の米沢では、積もった雪や氷点下の気温で木の痛みが早く、こまめな塗装の塗り直しなどのメンテナンスが必要です。

しかし、この窯業系サイディングは天然木に比べて雪でも傷みにくく、メンテナンスの手間もかかりません。

しかも費用も少なく済みます。


そして、この家を建てたお客様がこの組み合わせをカッコイイ!と思って建てられた家がこちらです。

山形県 米沢市 廣居建設 注文住宅 新築 豪雪地帯 外壁 木目 窯業系

最初にご紹介したお客様とは違う色の素材を使っています。


メインの黒の素材が一緒でも木目の色が違うとまた印象が変わります

このように色も様々選べるので、お客さまの好みのカッコよさが実現することができます。


地元に密着した工務店だからこそ、地域に合わせた素材や工法を使いながら「建てたかった家」を実現することができます。

米沢を中心とした置賜地区で家を建てたい!とお考えの方は、ぜひ一度、ご連絡ください。

メンテナンスの手間も、雪の対策も、毎日の生活も。

なるべくストレスフリーな家を一緒に考えていきましょう。


廣居建設 山形県 米沢市 注文 新築 リフォーム 住宅


これらの家の他の写真も見る(事例1)(事例2