top of page

コンパクトハウスでも、理想を詰め込んだ家はつくれる


続く物価高騰によって、コンパクトハウスを希望される方が増えています。ご相談を受けたときに弊社では「どの部屋をなくすか」ではなく、ご家族の欲しいものは残しつつ「余計なものを削ぎ落とす」という考え方を提案しています。


例えばリビングルームは8畳がスタンダード。3~4人掛けのソファーを置いて、左右前後に余裕を持たせ、テレビを中央に置くイメージです。でも本当にそこまでの広い空間は必要でしょうか?リビングをキッチンとダイニングと繋げ、ソファーを壁に寄せれば4畳でも十分かもしれませんよね。


くつろげるスペースとして和室が欲しいと希望される方も多いです。和室の広さは4畳半~6畳でつくるのが一般的。4畳半というと、机を置いて4人集まることができるぐらいのスペースです。でも、子供の遊び場や寝転ぶために利用するのなら、3畳もあれば十分。1人でくつろぐだけなら、2畳でもいいかもしれません。収納が欲しい場合には、立体的に構成して小上がり収納にすれば、その分もコンパクトにできます。


予算の都合上、家が小さくなってしまっても、ご家族が「本当はこうしたい」という気持ちを我慢させてしまう家づくりはしたくありません。ご家族のやりたいこと、必要な動線、理想のカタチを一緒に悩みながら考え、それらをギュッと詰め込んで、満足していただける「洗練された間取り」にしていくことが私たちの役目だと思っています。




Comentários


bottom of page